紗奈日記

ソーシャルネットワーキングを、あなたの手の中に

インターネットコミュニケーションと不健全な情報の拡散

結論から言おうMastodonの設計,仕様は健全で円滑なコミュニケーションを求める上で最悪
ただしこれは多少誇張した表現であり、私はLTL不要論者ではない

一つ例を挙げてみましょう

mstdn.netというインスタンスとそこの管理者Adminさんがいます
Adminさんはmstdn.netのユーザーの一部から嫌われています またmstdn.netは最近新規登録者が爆増していてより運営に責任の求められる立場になっていっています

そんな時にAdminさんはTwitterで「mstdn.netは自分にとって重荷だ」とtweetしました
これは前述した運営に責任がより求められるという点に由来しています

しかし、Adminを嫌っている一部のユーザーはヘイトの先入観などからこのtweetの意図を「Adminを嫌っているユーザーが邪魔者」と解釈し、「我々ユーザーが重荷だ!我々は邪魔者と言われている!」とmstdn.netでトゥートをしました

そのトゥートを見たAdminを嫌ってはいないユーザーたちは「Adminを嫌っているユーザーがAdminから邪魔者だと思われている」と理解しそれに対して様々な言及をトゥートしました

その後Adminを嫌っているユーザーのトゥートを見ていないが,それへの言及を見たユーザーは「Adminから我々ユーザーが邪魔者と思われている」と理解し様々な言及をしました

そしてだんだんと「Adminが我々ユーザーが邪魔者と思われている」と理解しているユーザーが増えていきます

m⬛️ t⬛️ n.jpでのいわゆる不穏、このパターンが非常に多くて厳しい

問題点

このような不健全な情報の拡散を生み出しているMastodonの邪悪な設計

MastodonはそもそもLocalTimeLineが軸となり発言の連鎖が会話となっていっているインスタンスが多い
LTLにはBT(転載)は流れてこないし、BT(転載)してHomeTimeLineに流してもFollowerにしかそれは(文脈を含みながら)伝わらない
よって、情報の拡散として最も使われている手段は一次ソースを要約した伝聞である
伝聞では一次ソースに込められた細かい感情がそぎ落とされ一次発信者の意図が正しく拡散されないことが多々ある

Mastodonの設計もあるが、ユーザ-の使い方に問題がるといえば、それはそう

この手のインターネットコミュニケ―ションの問題のひとつの原因にLocalTimeLineの存在そのものというのありそう

追記

ローカルタイムラインにブーストが流れるPleromaにおいでよ。https://3.distsn.org/notice/406529

mstdn.jpに雰囲気が近いpleroma.mstdn.jpができたとして、そこで不穏TLがどれくらい発生するかインターネット社会実験したさある https://friends.nico/users/sisyo/updates/14012548